日本科学者会議東京支部


[ 日本科学者会議] [ JSA e マガジン] [ 全国女性会員] [ 東京女性会員] [JSA関東甲信越地区] [ 院生会員]

[ 行事案内] [個人会員コーナー] [分会交流コーナー] [東京支部声明] [東京科学シンポジウム] [入会案内] [会則・規約] [ リンク]

< 行 事 案 内 >
E-mailで連絡・問い合わせの時は「あ」を「@」(小文字)に置き換えて下さい。

詳しくはここをクリックして下さい


    第21回総合学術研究集会
    -現代社会が求める科学者の社会的責任-
  • 集会: 2016年9月2日(金)~4日(日)
  • 会場: 龍谷大学深草学舎
  •      (京都市伏見区深草本町67番地)
  • 参加費: 一般 3,000円,院生学生 1,000円(予稿集代を含む)

  • 詳しくはここをクリックして下さい


    JSA若手「夏の学校」in 京都
    ~研究と社会運動の両立を目指して~

  • 日 時: 9月2日(金)~4日
  • 会 場: 龍谷大学 深草学舎 和顔館 B101
  • 宿 泊: 尹家(ユンケ、京都市南区)
  • 参加費: 12,000 円(宿泊費、総学参加費、同懇親
  • 詳しくは 1st Circular をご覧ください。
  • 申込先: jsa.summer.school2016 @ gmail.com

  • ◆JSA東京支部 若手会員交流会(第1回)
    20-40代の若手会員を中心とした交流会を以下のように企画しています。お気軽にご参加ください。
  • 日時:8月21日(日)14:00~17:00
  • 会場:阿佐ヶ谷保育園1階スペース
  • JR中央線阿佐ヶ谷駅北口より旧中杉通りを徒歩10分、道路沿いのスペースです。靴を脱いでお入りください。
  • 内容:2名からの話題提供と意見交流など
  •    ・「子育てをしながらの研究」(博士課程在籍学生、応用言語学、2児の子どもを育てる母)
       ・「医療機器開発概論 ―革新的な医療機器の創出を目指して―」(個人会員、医療機器メーカー所属)
  • 会場費(数百円)をいただくことがあります。
  • 問い合わせ:asacom0413★gmail.com(真嶋) 注:★を@に置き換えてご連絡ください。

    ◆「第36回 調布科学談話会」
  • 日 時:2016年7月16日(土)13:00~16:00
  • 会 場:電気通信大学 東1号館 810室
  • (京王線調布駅北口より徒歩8分)
  • タックスヘイブン問題の本質は何か?<起源・現状・問題点など>
  • 講 師:J高田太久吉さん(中央大学名誉教授)
  • 参加費:200円(資料代)
  • 連絡先:大松:ohmatsu123あjcom.zaq.ne.jp、山川:kyama804あjcom.zaq.ne.jp

    ◆ 東京支部50周年記念連続講座
    「平和のオルタナティブ講座」― 平和をつくる=軍事化に抵抗する ―
  • 日 時:2016年6月12日(日)14:00~17:00
  • 会 場:明治大学リバティータワー15階1155教室
  • (JR御茶の水駅から徒歩5分)
    <講演>
    (1)「グローバル化時代の軍学共同」(東京農工大学・多羅尾光徳)
    (2)「軍事大国化のゆくえと平和のオルタナティブ」(原水爆禁止日本協議会・梶原 渉)

  • 資料代:一般 500円、院生・学部生 300円
  • 問合せ先:gg.jsa.tokyo@gmail.com

  • 主催:JSA東京支部軍事大国化・グローバル化研究会

    ◆ 院生幹事新歓企画・研究交流集会
  • 日 時:2016年5月28日(土)14:00~17:00
  • 会 場:中央大学八王子キャンパス2号館2403室
  • 2件の「研究報告」と討論で研究交流
  • (1)「火力発電プラント輸出についての論文」(商学/博士課程2年) (2)「台湾文学を題材とした修士論文」(文学/博士課程1年)
  • 会員外の学部生、院生の方も誘いあってご参加ください。

    ◆ 大学問題に関するシンポジウム
    「学生と市民のための大学づくり―政府の大学政策に抗して―」
  • 日 時:2016年3月21日(月) 13:30~17:00
  • 会 場:中央大学後楽園キャンパス 5233号教室(予定)
  • アクセス 東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」/都営三田線・大江戸線「春日駅」から徒歩5分。JR総武線「水道橋駅」から徒歩12分。
    <内容>
  • 講師1:「政府の大学政策と国立大の行方」山本健慈氏(前 和歌山大学学長)
  • 講師2:「日本の高額費と奨学金制度(仮題)」岡村 稔氏(奨学金の会事務局次長)
  • 参加費:500円(資料代)
  • 主催:日本科学者会議、平民研連、全大教、都大教、全院協、首都圏非常勤組合

    ◆ 院生春の学校
  • 日 時:2016年3月19日(土)・20日(日)
  • 集合場所&会場:八王子セミナーハウス「記念館セミナー室B」
  • <スケジュール>
  • 19日午後14:00~:修論報告2本
  • 19日夜:博論体験記、懇親会
  • 20日朝:修論報告1~2本
  • 19日昼:まとめ
  • 参加費(宿泊・食費):4000~5000円

    ◆ 第35回 調布科学談話会
  • 日 時:2016年2月6日(土)14:00~17:00
  • 会 場:電気通信大学東1 号館810 号室
    (京王線調布駅下車中央口より徒歩10分)
  • テーマ: 「電力小売事業参入の動向と国民生活への影響を考える」
  • 講 師:JSA 武蔵野通研分会・石綿勇さん
  • 参加費: 200 円(資料代)
  • 連絡先:ohmatsu123@jcom.zaq.ne.jp(080-3488-1941)大松、kyama804@ae.auone-net.jp (080-5008-2904) 山川
[詳細と会場案内] はこちら

    ◆ 「はづきの会」新年会
  • 日 時:2016年1月31日(日)12:00~16:00
  • 会 場:JSA事務所
  • <内容>
    (1)簡単な昼食と歓談
    (2)話題提供:「戦時下における女性労働者の健康と動員政策」中央大学院生・堀川さん
    (3)報告事項:東京科学シンポジウムなど
    (4)「はづきの会」のこれからの活動につい
  • 参加費(含む昼食代):一般500円、院生・学生は無料(差し入れ歓迎です。)
  • 問合せ先: asacom0413あgmail.com (真嶋)
  • ※ 日曜日のため会場入場に制限があります。ご参加の方は、12:25 に玄関前に。遅れた方は(03-3811-8281)まで電話を。

    ◆九条科学者の会 2015年秋の講演会
    安保法制とこれからの日本~憲法九条と東アジアの平和の枠組み~
  • 日 時:2015年11月14日(土)13:30~17:30 (開場 13:00)
  • 会 場:中央大学後楽園キャンパス 5号館5233教室 (交渉中)
    (地下鉄「後楽園」駅から徒歩5分、「春日」  駅から徒歩6分)
  • 講演(1)「共生の視点から憲法を考える~日本とフランス」大藤 紀子さん(獨協大学教授)
  • 講演(2)「東アジアの平和をどう構想するか―『安保環境変化』論、『抑止力』論を超えて」小沢 隆一さん(東京慈恵会医科大学教授)
  • 参加費:500円(資料代)
  • 主 催:「九条科学者の会」 03-3811-8320、E-mail m-office@9-jo-kagaku.jp
  • 共 催: 日本科学者会議

    ◆JSA東京支部創立50周年記念連続講座 「温暖化の被害と加害・解決の展望」
  • 日 時:2015年10月月30日(金)18:00~20:00
  • 会 場:スモン公害センター ( 新宿区新宿2-1-3 サニーシティ新宿御苑10F )
  • 報告者:増田 善信さん(元気象研究所)/ 佐川 清隆さん(東京大学)/ 公害・地球懇COP21代表 / COP21に参加する学生さん
  • 参加費:無 料 (会場でCOP21派遣のカンパの訴えがあります)

    「はづきの会」(女性会員連絡会)10月例会
  • 日 時:2015年10月18日(日)14:00~17:00
  • 会 場: JSA事務所会議室(御茶ノ水)
  • (1) 話題提供:「保育士の非正規雇用化の現状と保育の未来」(東京支部幹事 小尾 晴美 さん)
    (2) その他:「はづきの会」の今後の活動
  • 連絡先:asacom0413あgmail.com (真嶋)

    長野県大鹿村フィールドワーク ― リニア新幹線建設予定地視察 ―
  • 日 時:2015年10月17日(土)~18日(日)
  • 17日12:00 長野県 大鹿村役場集合 / 13:00~17:00 建設予定地を視察
    18日 9:30~12:00 大鹿村 中央構造線・博物館・北川露頭観察(12:00現地解散)
  • 申込先: 佐伯 < rsk88898あnifty.com ><氏名、年齢、所属、電話、参加日(17、18 日)宿泊希望、車有無>をご連絡下さい。

    APF社によるSLAPP訴訟(野中裁判)の勝利判決報告集会
  • 日 時:2015年10月13日(火)18:30~
  • 会 場:平和と労働センター(全労連開館)
    (文京区湯島2-4-4、Tel:03-5842-5610、JR御茶ノ水駅から徒歩8分)
  • 参加費:2,500円
  • 主催:学問研究と表現の自由を守る会

    第14回女性研究者・技術者全国シンポジウム
    「市民とともに社会を変える女性研究者・技術者」

  • 日 時:6月14日(日)10:30~17:30
  • 会 場:日本大学歯学部2号館 地下一階第一講堂
    (JR御茶ノ水駅から徒歩5分)
  • 参加費:会員\1,000、学生・院生\500、会員外・当日参加\1,200
  • 基調講演:「安倍政権下の女性研究者支援―課題と展望」朴木佳緒留氏(神戸大学名誉教授)
  • 報告1:「女性研究者・技術者をとりまく困難とその解決への取り組み―法制度/大学院生/非常勤講師―」
  • 報告2:「困難を克服して進む若手女性研究者」
  • 特別報告:「退職後をどう生きる」

  • 主催:日本科学者会議 / 協賛:学研労協、全院協など10団体
  • シンポジウムの詳細は下記のHPをご覧ください。
  • <日本科学者会議女性研究者技術者委員会 >

第49回東京支部大会
・日 時:5月17日(日)13:20~18:00(開場 13:00)
・会 場:駒澤大学 駒沢キャンパス第2研究館2階203教場
 (世田谷区駒沢1-23-1、東急田園都市線「駒澤大学」駅下車10分)
・東京支部会員はどなたでも傍聴できます。
会場準備の都合上、傍聴希望者は、事前に 宛にご連絡下さい。メール送信にあたっては、「あ」を" @ "に替えて、件名にキーワード " jsa " を記入してください。

「はづきの会」(女性会員連絡会) 5月例会
・日 時: 5月9日(土) 13:00~15:00
・会 場: JSA事務所
・話題提供 :「清末中国の日本語教育」(日本大学非常勤講師 劉 建雲さん)
・女性会員交流誌「今、私は…」N0.9の発刊準備について
・第14回女性全国シンポ(実行委員会報告)
・奥村さん (ドイツ留学予定者) の壮行会 2時半~3時(実行委員会の方も合流)     ※ 男性会員の参加も歓迎
  • 15:00から「第14回女性シンポ実行委員会」開催を予定

    第3回 京浜地区学習会 ~ 横浜市のカジノ誘致問題を学ぶ ~
    ・日 時: 4月29日(水・祝)13:00~17:00
    ・会 場: 横浜市開港記念会館 7号室
     (横浜市本町1-6、JR「関内駅」南口、および市営地下鉄「関内駅」1番出口から徒歩10分。みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分)
    ・講師:大川 隆司さん (弁護士、かながわ市民オンブズマン)/ 後藤 仁さん(横浜市カジノ反対市民団体連絡会)
    ・参加費: (会場費・資料代実費程度)
    ・申込先: 個人会員世話人・河上 茂あてに、 <skawakamiあkmail.plala.or.jp> 4月24日迄

    第33回 調布科学談話会
    ・日 時: 4月25日(土)14:00~16:30
    ・会 場: 調布市民プラザ あくろす 2F 多目的室 (京王線国領駅北口から1分)
    ・テーマ: 「ピケティの『21世紀の資本』」― 金融肥大化と所得・資産格差拡大 ―」
    ・講 師: 米田 貢さん(日本科学者会議事務局長、中央大学大学院教授)
    ・参加費: 200円(資料代・会場費)
    ・連絡・問合せ先: 080-3488-1941(大松)

    ◆ 第32回 調布科学談話会
    ・日 時: 1月31日(土) 14時~17時
    ・会 場: 電気通信大学 東1号館810号室
    (京王線 調布駅下車 北口より徒歩約10分)
    ・テーマ: 「食の安全 ― 国の仕組みと問題点(仮題)」
      (JSA東京支部代表幹 池上 幸江さん)
    ・参加費:200円(資料代)
    ・連絡先: kyama804あae.auone-net.jp

    ◆ 「はづきの会」2015年新年例会
    ・日 時:1月17日(土) 11:30~16:30
    ・会 場: JSA事務所会議室
    <内 容>
    ・話題提供「中国の若者の移行期と家族関係」
    (東京大学教育学研究科修士 範 ?慧 さん)
    ・「第14回女性研究者技術者全国シンポジウム」 、交流誌「今、私は・・・」等の年間計画について
    * お昼に軽食を用意します。(男性会員の参加も歓迎します。)

    ◆ 東京支部 ミニシンポジウム~日本列島の火山と土砂災害について考える~
    ・日 時:12月14日(日) 13:00~17:00
    ・会 場:国分寺市立いずみホール1階会議室
      (国分寺市泉町3-36-12、TEL 042-323-1491、JR西国分寺駅より徒歩2分)
    ◇ 報告1: 「火山の恩恵と災い―火山との共存を考える」(浜田 盛久 氏)
    ◇ 報告2:「伊豆大島と広島安佐地区の土砂災害状況 近年の土砂災害からの教訓」(中山 俊雄 氏)
    ・参加費: 500円(資料代)
    ・申込先: 河上 茂  ②FAX 045-585-4157
    ・連絡先: E-mail: shigeru.kawakamiあhotmail.co.jp

    ◆ 農工大九条の会 講演会
    ・日 時:11月29日(土) 14:00~16:30
    ・会 場: 農学部 第1講義棟 1-25教室
    ( JR「国分寺駅」下車、「府中駅行バス(明星学苑経由) 」または京王線「府中駅」下車、「国分寺駅南口行バス(明星学苑経由)  :「「晴見町」バス停下車2分)
    ・活動紹介VTR上映と「講 演」:「アフガニスタンに命の水を―国際協力の30年~日本の国際貢献と集団自衛権を考える」
      (ペシャワール会事務局長・福元 満治氏)

    ◆ 「はづきの会」(女性会員連絡会)
    ・日 時:10月26日(日) 13:30~16:30
    ・会 場: 日本科学者会議会議室
    <内 容>
     (1)「大学生の社会に対する認識」(話題提供者: 峰尾 菜生子 さん)
     (2)「第14回女性研究者技術者全国シンポジウム」(2015年夏開催予定)について
     (3)「はづきの会」のこれからの活動:「薬についての学習会」(7/12)報告 /「今、私は・・・」次号の発行について /「2015年新年会」について
    ・連絡先:石渡 眞理子 FAX 080-5188-7634
       * 男性会員の参加も歓迎します。

    ◆ 第31回 調布科学談話会
    ・日 時: 10月4日(土) 14:00~17:00
    ・会 場: 電気通信大学 東1号館810号室( 京王線 調布駅下車 北口より徒歩約10分)
    ・テーマ: 『集団的自衛権と領土問題・教育問題』
    <いま、領土問題での政府見解をそのまま小学校の教科書にまで詳しく書き込ませるという動きいがあるようです。い石山先生のお話を聴いてみんなで考えましょう。>
    ・講 師:石山久男さんさん( 歴史教育研究会、歴史学研究会 )
    ・参加費:100円(資料代)
    ・連絡先:kyama804あae.auone-net.jp
    [会場案内] はこちら

    ◆ JSA食糧問題研究委員会―9月研究例会『生命も育む土壌とうまい米作り』
    ・日 時: 9月20日(土) 13:30~16:30
    ・会 場: 文京区民センター 3-C会議室(地下鉄 春日駅下車すぐ)
    ・講 師: 東京農工大学名誉教授 本間 愼 氏
    ・参加費: 無 料
    ・申込先: 日本科学者会議、 zennkoku@jsa.gr.jp、FAX 03-3813-2363

    ◆ APFスラップ訴訟(野中裁判)東京高裁第1回口頭弁論
    ・日 時: 9月8日(月) 13:30~
    ・場 所: 東京高裁・地裁合同庁舎 第717号法廷(地下鉄「霞ヶ関駅」A1出口すぐ)

    ◆ JSA民間企業技術者・研究者問題委員会/ 東京支部科学委員会共催ミニシンポジウム
    ・日 時: 8月30日(土)14:00~16:50
    ・会 場: 文京区区民センター 3D会議室(地下鉄 春日駅下車すぐ)
    話題Ⅰ:「6.01サイエンスFesからの報告」(委員 大阪支部 山本 謙治氏)
    話題Ⅱ:「JSAリニア中央新幹線計画の撤回・中止を求める声明について」(JSA中央新幹線研究連絡委員会代表 長田 好弘氏)
    話題Ⅲ:「リニア中央新幹線問題 現地からの報告」(リニア新幹線を考える相模原連絡会 中野 渡旬氏

    ◆ 原水爆禁止2014年世界大会・科学者集会~核兵器なき世界・原発なき社会を福島から訴える ~
    ・日 時: 2014年8月1日(金)10:00~16:30
    ・会 場: 福島グリーンパレス(福島駅西口駅前)
    <報告>
    1)「核と人類は共存できない」日本反核法律家協会事務局長 弁護士 大久保 憲一氏
    2)「被爆者と健康問題」福島医療生協わたり病院医師 斉藤 紀 氏
    「沖縄と福島を結ぶもの-日本の安全保障政策と地方自治・住民の人権-」 日本科学者 会議常任幹事 琉球大学助教 亀山 統一 氏
    3)「被災者の生活と復興」 福島大学特命教授 山川 充夫 氏
    4)「青森県における核燃反対運動」弘前大学教授 大坪 正一氏
    5)「原発・核の無い社会」   外国代表報告
    ・参加費: 会員・一般 1000円、院生・学生  500円
    <エクスカーション>(事前申込制)
    ・7月31日(木)10:00~19:00頃。
    福島→飯館→原町→小高→福島のコースを予定。定員40名。前泊用に福島グリーンパレス客室を確保。(シングル40、ツイン17 )
    ・事前申し込み: 7月1日(火)まで
    ①氏名、②住所、③電話番号、④メールアドレスを明記し、下記にご連絡下さい。
     前泊希望者は、①喫煙/禁煙、②シングル/ツインの別、③同室希望者の有無とその氏名も記入して下さい。
    エクスカーション参加料5000円、宿泊料は素泊り1泊5800円の予定)。
    ・エクスカーション申込先: 初澤 敏生、〒960-1296福島県金谷川1 福島大学、hatsuzawあeduc.fukushima-u.ac.jp(”あ”を”@”に書き換えてください)

    ◆ はづきの会・科学委員会合同学習会 ~ わが国の医薬行政を学び、薬とサプリメントとの付き合い方を考える ~
    ・日 時: 7月12日(土)13:30~16:30
    ・会 場: 杉並区産業商工会館 展示室(中央線阿佐ヶ谷駅より徒歩5分)
    ・プログラム
    1)わが国の医薬行政の問題-新薬開発などをめぐって- 中村 幸次 氏(全国薬業労働者連絡会議事務局次長)
    2)健康と病気と薬 ― くすりとリスク ― 遠藤 浩良氏(帝京大学薬学部名誉教授)
    3)サプリメントとの賢いつきあい方   藤竿 伊知郎 氏 (協立医師協同組合情報室、薬剤師)
    ・参加費: 300円

    ◆ 学術論文に対するスラップ訴訟とファンド規制に関するシンポジウム
    ・日 時: 6月17日(火) 18:30~20:30
    ・会 場: 明治大学駿河台キャンパス、リバティホール1階 1013教室(JR・丸ノ内線「お茶の水駅」下車5分)
    <主な企画>
    1)「開会挨拶」:明治大学平和研究所所長 福田 邦夫 氏
    2)「基調講演」: 中央大学教授 米田 貢 氏
    3)「スラップ訴訟判決報告と意義」弁護士 徳住 堅治 氏
    4)「APFとの訴訟事件について」弁護士 高橋 修一 氏
    5)「映像で見る昭和ゴムの闘い」
    6)「研究者・団体・個人からの発言」
    ・参加費: 無 料
    ・主 催: 明治大学軍縮平和研究所 / 共 催: 6.17大集会実行委員会

    ◆ 第30回 調布科学談話会
    ・日 時: 6月15日(日) 14:00~17:00
    ・テーマ: 「電磁波とは?」
    <最近、電磁波による健康被害を心配する人が増えているようです。携帯電話、無線LAN、電子レンジ、IH調理器などなど、私たちは電磁波に囲まれて生活を送っていると言ってもいいでしょう。私たちは健康を考えるためにも、電磁波について正しい知識を持つ必要があります。この機会に学びましょう。>
    ・講 師:中野 貞彦さん( 元NTT通信研究所 )
    ・会 場: 電気通信大学 東1号館810号室( 京王線 調布駅下車 北口より徒歩約10分)
    ・参加費:200円(資料代)
    ・連絡先:kyama804あae.auone-net.jp
    ◎当日は日曜日のため、建物の入り口が施錠されているため、東1号館玄関に2時集合をお願いします。もし、遅れた場合は080-3488-1941(大松)に電話ください。

    ◆ APFスラップ訴訟(野中裁判)判決
    ・日 時: 2014年5月19日(月)11:45~
    ・場 所: 東京地方裁判所 第530号法廷(地下鉄「霞が関」A1出口すぐ)

    ◆ 東京支部科学委員会講演会
    ・日 時: 2014年4月27日(日)13:00~17:00
    ・会 場: 久我山会館 第1・2会議室
    (杉並区久我山3-23-20、井の頭線「久我山」下車4分)
    ・講 演: 1)開会挨拶をかねてーー巨大化する科学・技術と科学者・ロマン・国民生活(科学委員会委員長・長田好弘)
    2)「次世代赤外光望遠鏡TMTの建設計画」(国立天文台・青木和光)
    ・参加費:無料
    詳しくを ===>>>開く

    ◆ 東京支部活動交流会
    ・日 時: 2014年3月30日(日)13:20~17:00
    ・会 場: 農工大学農学部 5号館307室
    ・交 通:JR国分寺駅発(明星学園経由)バスまたは京王線・府中駅発(明星学園経由)バス利用、晴見町バス停下車
    ・事務局長報告:「東京支部の組織活動強化の取り組みと教訓」松永光司
    ・討 論:分会・個人会員の活動交流、活動上の工夫・困難など(今年は特に分会の現状、抱えている困難などを討論します。) ・参加対象:東京支部全会員(各分会からの参加お願いします。)

    ◆ 「JSA民間委員会ミニシンポジウム」 ― 生活と労働の場での科学・技術の現状批判 ―
    ・日 時: 2014年3月29日(土)14:30~16:45
    ・会 場: 文京区シビックセンター 4階A会議室
    ・話題Ⅰ:「地方国立大学における肥大化したハコモノ行政とそのひずみ」山形支部・粟野宏さん
    ・話題Ⅱ:「『大阪の原発ゼロ運動』の中での技術者に求められている役割」大阪支部・山本謙治さん
    ・話題Ⅲ:「いま、企業活動に対して大学院生の考えていること」東京支部・山沢智樹さん
    ・参加費:無料

    ◆ 「はづきの会」2014年新年会
    ・日 時: 2014年1月18日(土)12:00~16:30
    ・会 場: JSA会議室
    <話題提供>「神経回路はどのようにつくられるか」(東京大学大学院薬学研究科博士課程2年・奥村美沙子さん)
    <その他の議題> ・2014年はづきの会活動計画、「市民と研究者の学習会」など
    ・女性会員交流誌・「今、私は・・・」、
    ・会 費: 一般2,000円、院生・学生1000円
    ・企画責任者:松永光司、長田好弘、ほか

    ◆ APFスラップ訴訟(野中裁判) 第10回公判
    ・日 時:12月19日(木) 13:30~
    ・会 場:東京地方裁判所 第526号法廷
    * 当日は「野中郁江先生の意見陳述」(90分)が予定されてます。
    本裁判闘争の山場となるので多数の方々の傍聴をお願い致します。

    ◆ 憲法守れ! 安倍政権の暴走ストップ!12・8三多摩大集会
    ・日 時: 12月8日(日)13:30~
    ・会 場: 井の頭公園(西園)
    <プログラム>
     ・11:00~13:00 ブース企画
    ・13:30~14:50 大 集 会
    ・14:50 ~  パレード
    ・主催者:12・8三多摩大集会実行委員会

    ◆ 東京科学シンポジウム記念・「 平和のためのコンサート」
    ― クラシック、ジャスギター、歌曲など多彩な調べと、ワインを楽しみましょう ― ・日 時: 11月24日(日)17:00~19:30
    ・会 場: 一橋大学・佐野書院(国立駅12分)
    ・メゾソプラノ:陳 曦 さん / クラッシックギター:園田 正史さん / ヴァイオリン:水林 彪さん等の名曲演奏
    ・会 費: 一般2,000円、院生・学生1000円
    ・企画責任者:松永光司、長田好弘、ほか

    ◆特定秘密保護法案の学習会(農工大分会例会)
    ・日 時: 11月21日(木) 18:30~
    ・会 場: 東京農工大学農学部キャンパス2号館14教室
    (府中市幸町3-5-8、 JR  国分寺駅南口「府中駅行バス」約10分/京王線府中駅「国分寺駅南口行バス」約7分<いずれも「晴見町」バス停下車> ) ・講 師: 清水 雅彦 氏(日本体育大学准教授・憲法学)
    ・参加費:: 無 料
    ・連絡先:農工大・多羅尾 光徳 taraoあcc.tuat.ac.jp まで

    ◆ 学習会=東京、神奈川の教科書問題の今を考える(JSA東京支部・神奈川支部共催)
    - 次代を担う若者のために -
    ・日時:2013年7月28日(日)13時30分~16時30分
    ・場所:鶴見大学会館 地下1階第3会議室
    JR京浜東北線鶴見駅(西口)から徒歩2分(京浜急行線鶴見駅から徒歩5分)
    内容:
    1) 横浜市の教科書問題と運動の報告:講師・佐藤満喜子氏(横浜市教科書採択連絡会)
    2) 杉並区の教科書問題と運動の報告:講師・小関 啓子氏(杉並の教育を考えるみんなの会)
    3) 他地域の事例紹介
    ① 藤沢市:報告者・松本 一郎氏(みんなの教育藤沢ネット)
    ② 大田区:報告者・大坪 庄吾氏(公正な教科書採択を求める大田区民の会)
    4) 質疑・討論

    参加費:会議室・資料代として、500円をお願いいたします。
    =====> [プログラム・会場案内]
    申込:7月26(金) JSA東京 常任幹事の河上 茂 まで
    ① E-mail skawakamiあkmail.plala.or.jp
    ② FAX 045-585-4157 の優先順位で、連絡先(電話・E-mail)を明記してお申込み下さい。


    ◆ 中央大学分会、八王子科学フォーラム共催研究会
    ・日時:5月31日(金)18時20分~
    ・場所:中央大学 多摩校舎21261号室(2号館12階会議室)
    会場案内__ ===> 中大多摩校舎へのアクセス
    ===> 学内マップ
    ・研究会テーマ:エネルギー問題を考える
    報告1:平山令二さん(中央大学法学部)「ドイツの再生可能エネルギー」
    報告2:佐川清隆さん(東京大学大学院)「原発ゼロと温暖化抑止両立の可能性」
    ※非会員の参加OK。参加費無料。 ※研究会終了後、懇親会を予定しています(有料)

    ◆ 第10回ファンド問題研究会
    ・日時:5月11日 14時30分?18時
    ・場所:明治大学予定
    ・研究報告
    ①三和裕美子先生(明治大教授)(ファンド規制の枠組みー金商法を中心に)
    ②吉沢壮二朗氏(明治大学博士前期課程)(オリンパス事件とファンド前半)
    ・日本科学者会議・ファンド規制と労働組合研究会事務局
    ・電話03-5847-0241 FAX03-5847-0240


    ◆ はづきの会&科学委員会合同企画:市民と研究者の学習交流会
    貧困のない社会を目指して-住の問題を焦点に私たちのくらしを語り合う-
    ・日 時: 2013年5月11日(土) 13:30~16:30
    ・会 場: 杉並区産業商工会館 展示室( 阿佐ヶ谷南3-2-19、JR阿佐ヶ谷駅より徒歩5分)
    中島明子さん(和洋女子大学教授 住居学研究者 日本科学者会議会員) 貧困居住との闘い-ホームレス、震災(研究)を中心に-(社会的弱者の居住困難・居住差別とは、居住改善・支援の可能性、など)
    話題提供その2
    菊池公子さん(新日本婦人の会武蔵野支部支部長、日本科学者会議会員)
      どうなる、どうする、私たちの終の棲家-人生後半期の住問題を考える-(高齢者の住宅の確保、一人暮らしの不安、持家の固定資産税、老人ホームの現状、介護施設の現状、私たちの力で作るグループホーム、など)

    =====> [詳しくはこちらをご覧ください。]


    ◆ 院生企画「ポスト3.11研究会」例会
    ・日 時: 2013年5月1日(水) 18:00~
    ・会 場:文京シビックセンター4階和室2
    ・内容:参加者各人が東日本大震災と関連する10分程度の報告を持ち寄り,議論します。初参加者も大歓迎です。
    ・連絡先:JSA東京支部 x-tokyoあjsa.gr.jp

    ◆ 第29回 調布科学談話会
    ・日 時: 2013年4月6日(土) 14:00~17:00
    ・テーマ:「安倍内閣の憲法解釈見直しについて」 ―(立正大学・金子 勝さん)
    ・会 場: 電気通信大学 西5号館101教室 ( 京王線 調布駅下車 北口より徒歩10分)
    ===> 学内マップ === >>>>>【 54 】の建物です。
    (通常の会場 西2号棟 105教室は耐震工事中です。)
    ・連絡先: E-mail:kyama804あae.auone-net.jp

    ◆ 支部活動交流会
    ・日 時: 2013年3月17日(日) 13:20~17:00
    ・会 場:文京区民センター 3-C会議室

    ◆ 第28回 調布科学談話会
    ・日 時: 2013年3月16日(土) 14:00~17:00
    ・テーマ:「安倍内閣の経済政策について」 ―(東京工科大学・工藤昌宏さん)
    ・会 場: 電気通信大学 西5号館101教室 ( 京王線 調布駅下車 北口より徒歩10分)
    ===> 学内マップ === >>>>>【 54 】の建物です。
    (通常の会場 西2号棟 105教室は耐震工事中です。)
    ・連絡先: E-mail:kyama804あae.auone-net.jp

    ◆ 第17回知的財産を考える市民懇話会
    ・日時: 2013年3月23日(土) 13:30~16:50
    ・「変わりゆく知的財産(権)の今」
     報告1 「TPPと知的財産権」  JSA特許庁分会
     報告2 「著作権制度の今(と未来)」(仮題)有須 昇(情報と文化研究センター)
     報告3 「最近の特許行政・特許事情」(仮題) JSA特許庁分会
    ・資料代:500円
    ・会場:文京シビックセンター4階 4A会議室(都営三田線・大江戸線春日駅、丸の内線・南北線後楽園駅下車すぐ)
    * 諸般の事情で休会していた「知的財産を考える市民懇話会」を再開いたします。休会している間に、知的財産(権)をめぐる環境も変化しています。
    * 3月16日、米国が世界で唯一の「先発明主義」をついに改めます。かつての特許(出願)大国、日本は、毎年特許出願件数の減少が続き、さすがに下げ止まったという段階になっています。特許庁の代名詞だった「滞貨」も一気に解消に向かっています。TPP(環太平洋経済連携協定)交渉では、知的財産も重要な1分野です。折から再び政権交代が生じ、国の知財戦略や科学・技術戦略の変化が予想されています。盛りだくさんで消化不良が懸念されますが、新しい助走の意味で大いに議論したいと考えます。
    * <話題提供を歓迎します。時間配分の都合上、できるだけ事前に予定をお知らせください。液晶プロジェクタを用意していますので、利用御希望の方は、メモリ等を御持参ください。>
    ・主催:知的財産を考える市民懇話会 / 共催:日本科学者会議(JSA)東京支部特許庁分会
    ・問合せ: jsachizaikonアットマークgmail.comまで

    ◆ JSA福島原発シンポジウム
    ・日 時: 2013年3月8日(金)~9日(土)
    3月8日 13:00 開会(記念講演&分科会)、18:00~ 交流会
    * 記念講演・安田順治 氏(安田法律事務所)
    * 第1分科会「原発災害と生活」<コーディネーター 塩谷弘康 氏 (福島大学)> * 第2分科会「原発災害と地域産業」<コーディネーター 山川充夫 氏 (福島大学)> * 第2分科会「政策と運動」<コーディネーター 真木寛彦 氏 (福島大学)> 3月9日 現地調査(川内村)
    ・場 所:福島市飯坂温泉
    詳しくは日本科学者会議のHP " をご覧ください。

    ◆ 平民研連シンポジウム
    ・日 時: 2013年2月23日(土)13:20~
    ・テーマ:「21世紀第3の転換期に突入した日本の課題」(二宮厚美 氏)
    ・場 所:文京区民センター3C

    ◆ <JSA>ファンド問題研究会
    ・日 時: 2013年2月23日(土)13:30~
    ・テーマ:吉田・徳住報告など
    ・場 所:明大リバティ19階119HI

    2/21   APF恫喝提訴第4回口頭弁論(10:00~、東京地裁526号法廷)

    2/13  <全労連全国一般>ファンド問題学習集会(18:30~、全労連会館ホール、鳥畑、外国の規制)

    「歴史の逆流を許さず、憲法を力に未来をひらこう」2.11集会
    ・13:30~日本橋公会堂
    詳しくはここを " クリックして下さい。

    JSA科学・技術政策委員会
    ・日時:2013年2月9日(土)15時~16時45分
    ・場所:文京シビックセンター 5階A会議室
    ・報告:
    ①「総合科学技術会議の改組と日本の科学・技術政策、研究機関再編の行方」
    ②「震災後の科学・技術政策と大学の役割--4期計画の盲点」 初山高仁氏(東北大学非常勤講師)
    詳しくはここを " クリックして下さい。

    ◆多摩ヘーゲル論理学研究会(JSA東京支部中央大学院生分会企画)
    ・日時:2月2日(土)14:00~
    ・場所:中央大学多摩キャンパス2号館11階21141号室(予定)
    ・テーマ:「現代資本主義研究の方法 - 現代の恐慌をいかに分析するか?」
    ・演者:高田太久吉氏(中央大学名誉教授、経済学)
    本研究会では、これまで読んできた『見田石介 ヘーゲル大論理学研究』(①~③、大月書店、1979-1980)を終えるに当たり、下記の要領で特別講演企画を開催致します。奮ってご参加下さいますようお願い致します。
    ※研究会終了後、懇親会を予定しております。こちらにもぜひご参加下さい。

    ◆ 東京支部科学委員会 シンポジウム ― 野中不当提訴事件とその背景 ―
    ・日 時: 2013年1月19日(土)13:00~17:00
    ・場 所:明治大学 駿河台キャンパス・リバティタワー19階、119HI教室(エレベーターを17階で大学院行に乗換え)
     (JR御茶水駅下車徒歩4分)
    ・テーマ:
    (1) 「ファンドによる企業支配と不当提訴事件―JSA『ファンド規制と労働組合研究会』の視点から」
       (明治大学商学部教授 野中 郁江 さん)
    (2)「『名誉毀損』にかこつけた法外な高額賠償請求~ 研究成果発表の自由を抑圧する『恫喝訴訟』への反撃を ~」
    (武蔵野通研分会 長田 好弘 さん)
    (3) 「ファンド(APF)経営者らによる不当提訴とその問題点」(弁護士 徳住 堅治さん) ・参加費:無料
    ・連絡先:koganeあkeyaki.cc.u-tokai.ac.jp(小金澤)

    ◆ 民間委員会ミニシンポジウム- 生活と労働の場での科学・技術の現状批判 -
    ・日 時: 2013年1月14日(月・祝日)14時~17時
    ・場所:文京区シビックセンター 4階会議室B
    JSA民間企業技術者・研究者問題委員会(民間委員会)では、わが国の研究者・技術者の約6割を占める民間企業の研究者・技術者に関わる諸問題の検討を進めています。年二回の委員会を定例化し活動していますが、委員会の開催に際しては同時にミニシンポジウムを開催し、多 くの方々の参加を得て討論と交流を深めています。
     今回も下記の内容でシンポジウムを開催致しますので、年始のお忙しい中ですが、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。
    話題Ⅰ:企業の中の技術者・研究者の最近の現場からの報告(仮題):久志本俊弘氏(委員 大阪支部)
    話題Ⅱ:ファンドの企業支配と労働者攻撃 批判論文への不当告訴(仮題):野中郁江氏(東京支部)
    話題Ⅲ:未来技術遺産登録4GHz帯進行波管4W75Aとその周辺:長田好弘氏(委員長 東京支部)

    ・参加費:無料

    ◆ 「はづきの会」(女性会員連絡会)新年会
    ・日 時: 2013年1月12日(土)12:00~16:00
    ・場 所:JSA事務所会議室
    ・テーマ:
    (1) 「福島の放射線モニタリングポスト調査結果について」 市民と科学者の内部被曝問題研究会/汚染・環境実態調査検討部会 小柴 信子さん
    (2) 「大学院生の経済実態に関するアンケート調査結果について」(全院協議長)
    (3) 新年交流会:
    ・参加費:一般1000円、院生・学生 無料
    ・連絡先:石渡 i-marikoあjcom.home.ne.jp

    ※ 初めての方、男性会員も気楽に参加して下さい。


    ◆ 野中不当提訴事件 第3回口頭弁論
    ・日 時: 2013年1月10日(木)10:00~
    ・場 所:東京地方裁判所 526号法廷(地下鉄・霞が関駅 A1出口すぐ)
    ※ 開廷10分前に傍聴人控室にご参集ください。

    ◆ 12・23 福島チャリティフェスティバル
    ・日 時: 2012年12月23日(日)10:00~16:00
    ・場 所:新宿アルタ前ライブステージ
    ・催し内容:アーティストの音楽ライブ&学者、ジャーナリスト、芸能人、福島出身者などによる多様なトークセッション
    ・主催:12.23福島チャリティーフェスティバル学生実行委員会

    ◆中央大学分会研究会・八王子科学フォーラム例会
    ・日 時: 2012年12月6日(木)18:20~
    ・テーマ:「現代世界恐慌分析の基礎視角」
    ・報 告:松橋透氏(中央大学商学部教授)
    ・場 所: 中央大学多摩キャンパス21261号室(2号館12階)
    ・連絡先:sakumaあtamacc.chuo-u.ac.jp
    ※どなたでも参加できます。
    ※研究会終了後、懇親会(自由参加)を予定しています(会費3~4千円)。

    ◆ JSA食糧問題研究委員会「BSE講演討論会」
    ・日 時: 2012年12月1日(土)13:30~16:00
    ・場 所: 森下文化センター3階第2研修室(江東区森下3-12-17 Tel.03-5600-8666)
    ・テーマ: 「ほんとに大丈夫? BSE対策の大緩和!・・・あなたは安心して食べられますか?・・・」
    ・講 師: 山内一也さん(東京大学名誉教授)
    ・参加費: 無料
    ・申込先: JSA事務局、Fax 03-3813-2363、E-mail:zennkokuあjsa.gr.jp

    ◆ 「野中裁判」 第2回口頭弁論
    ・日 時: 2012年11月8日(木)10:00~
    ・場 所: 東京地方裁判所526号法廷( 開廷10分前に傍聴人控え室にご参集下さい。)

    ◆ NTT技術研究所フィールドワーク
    ・2012年11月6日(火)12:30にJR三鷹駅北口集合
    ・内 容: NTT技術資料館の見学
    ・懇親会費: 2500円
    ・お問合せ:tokyo_insei_kanjiあgooglegrou

    ◆ 「はづきの会」(女性会員連絡会)
    ・日 時:2012年11月3日(土)14:00~17:00
    ・議 題: ① 会員の専門分野の話「『風と共に去りぬ』とその周辺」(衣川 清子 さん)
    ② 19総学報告
    ③ これからの活動
    ・会 場:日本科学者会議会議室

    ◆ 第1回 京浜地区学習会(JSA東京支部・神奈川支部共催) 
    ・ 2012年10月20日(土)14:00~17:00
    ・内 容: JAL解雇撤回闘争の記録の上映
    1)「JAL解雇撤回闘争裁判の状況と労働問 題としての特徴」(弁護団代表 堀 浩介氏所)
    2)「パイロット原告団の闘いと航空機の安 全について」(パイロット原告団代表)
    3)「客室乗務員原告団の闘いと乗客の安心 ・安全について」(客室乗務員原告団代表)
     ― 質疑応答と討論
    ・会 場:大田区民プラザ 3F第3会議室(東急多摩川線 下丸子駅前下車すぐ、大田区下丸子3-1-3 、TEL 03-3750-1611)
    ・資料代:500円